社長×学生対談シリーズ④「未来さえも予測することも可能に。データサイエンティスト集団DMI」

社長×学生対談シリーズ④「未来さえも予測することも可能に。データサイエンティスト集団DMI」


いわゆる「“意識高い系”学生」
元格付け会社出身の人たちでセレクトした「“関西の優良企業”の社長(または経営幹部の方)」との
対談を真面目に取材していきます。
会社を経営する上での会社の特徴や求める人物像などの情報がたくさん入っているので、
就活生のみなさんは参考にしてみてください。

第四弾は統計学を駆使し、データ分析で顧客行動を予測する「データサイエンティスト集団
「株式会社dmi」さんを取材してきました。

今回は女性ライターによる物語風な記事になっております!

新大阪のオフィス街の駅チカ、徒歩1分足らずの好立地。11階建のビルの5階に本社を構えているのが株式会社dmi

サムティ新大阪フロントビル

dmilogo

 膨大な顧客データを取り扱っている会社というだけあって、頑強なセキュリティに守られている。

 受付の電話を鳴らすと笑顔の素敵な爽やかな加藤さんが出迎えてくれた。元気のよいはつらつとした話し方は社風にも表れていると思う。ITという理系色の強い男性だけの職場ならではと言えるかもしれない。

加藤さん

平均年齢30歳と比較的若い会社であるが、さっぱりした大人な会社でもある。自発的に物事を進めるタイプが多いので、意見のぶつかり合いも多々あるらしいが、そこは引きずらない。非常にクールな会社であるとも言える。

阪井さん

dmiとは、2010年に設立されたアーリーベンチャーで、ダイレクトメールにおいてIT技術を駆使し、独自の分析ノウハウを用いながら企業の施策に適した顧客を選定・リスト化、提供することで徐々に売上を伸ばしている会社だ。
bn03

また、dmiの強みとして、データの蓄積→活用→施策の実行→さらなるデータの蓄積、というプロセスで消費者の視点に立って企業のマーケティング施策の最適化を行ない、データ分析による顧客行動の予測をする。そのサービスの秘訣は「ベイジアンネットワーク」だとBPMディレクターである小河原さんは言う。

一見非常に難しく、普段の生活には馴染みのない聞きなれない言葉だが、意外なところで活躍している。少し前に「アキネイター」というアプリが流行ったのを覚えているだろうか。頭の中で思い描いたものを、ランプの魔人がいくつかの質問によって当てるという何とも不思議なゲームである。この仕組みは、実在または架空の人物・キャラクターを絞込み推測しながら特定するプログラムエンジンであり、データベースを応用した人工知能の一種である。これが「ベイジアンネットワーク」なのである。dmiはこれを活用し、膨大なデータから統計的に有意な何千万通り以上の購買行動と結果(購入したか/しなかったか)の関係を抽出する。そして一人ひとりの顧客に対して、最も似た購買行動を割り出し、そこから結果を予測する。

 このようなデータの裏付けをもとに、その情報を欲している顧客には情報を提供し、欲していない顧客には押売りにならないように情報提供を控えるといった適正なアプローチをすることができるのである。

結果、「ダイレクトメールの反応率アップからの売上の増加や、送付の無駄を省きコストの削減顧客満足度の向上などを改善できたのだ。」と小河原さんは話す。

小河原さん

新婚ホヤホヤの36歳。優しそうな笑顔が印象的だ。

「ハッピーな郵便局になろう」という企業理念がある。

dmiが郵便局に取って替わったら、ポストやメールボックスを開けるのが楽しみになるような世界にしたい。ミスマッチなチラシやDM、迷惑メールの中から、必要なものを見つけ出さなければならない浪費ボックスと化したポストやメールボックスを嬉しい情報がたくさんで、毎日開けるのがワクワクする、どれから見ようか嬉しい悩みを抱えてしまうような幸せがいっぱい詰まったものに変える。

そういった意味を込めて、「ハッピーな郵便局になろう」という表現をしているとのこと。情報と人とのミスマッチをなくすことで、楽しい情報のあふれる世界にしたい、社会を変えたい、という熱いビジョンを社員全員で共有している。

001-6
001-6

そんなdmiは、生産力を向上するため研究開発に重きをおく。そこで必要になってくるのが「データサイエンティスト」だ。初めて耳にする人も多いかもしれないが、昨今のビッグデータ時代にはなくてはならない存在だ。この業界は、購買履歴データなどを使って、一人ひとりの消費者の行動や志向を理解することで、最適な情報提供をサポートすることを目指している。一見無機質なデータでもあらゆる視点から分析することで、消費者の様々な行動や志向を窺い知ることができるので、「データサイエンティスト」にはベイジアンネットワークを主軸に様々な行動予測を評価し、的中率の最適化を目指してもらう。また、クライアント企業への購買履歴データの分析および統計モデリング、評価設計、システム詳細設計、実装に至るまで、幅広く携わってもらう。会社の開発部門のコアを担う存在なので、非常にやりがいのある仕事だと思う。

 わかりやすく言えば、新商品を作り出すクリエイターだ。

 そしてもう一つ。「データアシスタント」も募集する。データサイエンティストがセクシーな職業(By Google)なら、データアシスタントは“クールな”職業と表現したい。

データサイエンティストが全方位的に業務をこなす一方で、データアシスタント業務の効率化に勤しんでもらう。そして、クライアント企業について購買履歴データを集計し、クライアント企業が保有する登録会員一人ひとりの累計購入回数などの変数を作成する業務を担ってもらう。端的に言えば、“データ加工”である。

データアシスタントとして経験を積み、スキルアップすることでデータサイエンティストになることも可能だ。自身も一戦力となってデータを扱ってもらう。

 「今日の意思決定に、閃きを。明日の行動に、勇気を。」というビジョンに共感し、同じゴールに向かって走っていける仲間を募集している。

ちょっといいかも…と思ったあなた。

 熱いビジョンを”自らの手で”メンバと一緒に実現させてみませんか、株式会社dmiで。

32621_351370868296458_1688308501_n

企業情報

企業名

株式会社dmi

代表者

代表取締役 : 徳山 光滋

本社

〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-14-10

サムティ新大阪フロントビル5階  

TEL:06(6309)7110 / FAX:06(6309)7111

資本金

86,025,000円

従業員

11名

事業内容

◆ダイレクトマーケティング

◆コンシューマービジネスにおける予測シミュレーショ ン

◆最適化サービス

◆広告最適化サービス