社長×学生対談シリーズ③「新大阪のコンサルティングベンチャー企業が成長しつづける理由」

社長×学生対談シリーズ③「新大阪のコンサルティングベンチャー企業が成長しつづける理由」


いわゆる「“意識高い系”学生」
元格付け会社出身の人たちでセレクトした「“関西の優良企業”の社長(または経営幹部の方)」との
対談を真面目に取材していきます。
会社を経営する上での会社の特徴や求める人物像などの情報がたくさん入っているので、
就活生のみなさんは参考にしてみてください。

第三弾は大阪の成長ベンチャー「省エネルギー化コンサルティングで関西の企業の利益を創出する企業」
「株式会社インテック」さんを取材してきました。

インテックは『全従業員の物心両面の幸福を追求するとともに、「一生の顧客」になってもらえるよう日々成長し続ける』という企業理念を掲げている。 
 取材を通して、経営理念をここまで忠実に実践している企業がいるだろうかと思わずにいられなかった。

是非、この点を意識して以下の文章に目を通していただきたい。

―事業内容について詳しくお聞かせください。

 事業内容は2つあります。セキュリティ事業とエネルギーコストダウン事業です。

 セキュリティ事業、つまり防犯コンサルは防犯カメラなどを主にコンビニなどへ販売することがメインです。
 
 エネルギーコストダウン事業では法人、個人の電力コストの削減を行います。
具体的には、企業様に赴き電力を図ります。そして、余分な電力があり、コストダウンができるとわかった場合にのみ、特許を有する電源を販売します。その結果、企業様の毎月の電気代を削減してもらうことができます。

 事業所が大阪、静岡、茨城、名古屋にあるため、幅広い土地を回ることになります。例えば、西は岡山に取引先がいて、東は神奈川、栃木などまで行きます。現在約5500社ほどの取引先がいて、一人一人がタイトなスケジュールを組み、営業を行っています。

―強みはなんですか?

 幾つかあります。

 まず、”知識量”の差ですかね。この業界は参入障壁が意外と高いので、大手メーカーの代理店になるのは簡単なのですが、実際取引先で、電力についての話になると分からないことが多くなる人がたくさんいるんです。つまり、専門知識が必要になってくるんです。これが要因で新規参入した企業は長続きできないのです。クレーム等が多くなってしまいますから。
 一方で、我が社は社員の教育をしっかり行い、これらの専門知識を身につけさせるようにしています。実際、今月に2種の試験に受かった人が5人います。これが他社との差別化が行えている部分と言えますね。

 他にも、先程述べた”特許を有した電源”を扱っていることも強みの一つです。

 中でも最も強みだと思うものは、”顧客との信頼醸成”ですね。これが一番の強みだと思っています。
IMG_9418

 専門知識に特許など、十分すぎるぐらい強みがあるのにもかかわらず、一番の強みは”顧客との信頼醸成”だと言う。
この信頼醸成についてもう少し詳しく聞いてみることにした。

―顧客との信頼醸成について詳しく聞かせて下さい。

 私たちは取引先にいつでも顔を出せる、お茶を飲みに来ただけでも喜んでもらえるような関係を築くことを大事にしています。そのために大切にしている取り組みが幾つかあります。

 例えば、アフターフォローを行っています。毎年2回無料でのメンテナンスを行いCSの向上に努めています。

 また営業に出た後は、必ず取引先の人達との会話をまとめるようにしています。どういう会話で盛り上がったのかなどもまとめています。これを10年以上続けてデータベースにし、誰でも閲覧ができるようにしています。

 さらに、毎月ミーティングを行い、情報共有を行ったり、どうすればCSを向上できるかを話し合ったりしています。

 他にも、支社ごとに社員が名産品を選んで、取引先にお土産を持って行くようにしています。この選ぶ作業は結構大変なんですが。(笑)
取引先にお土産を渡す際に注意していることがあります。それは必ずエピソードをつけるようにしているということです。
例えば、「社長は○○が好きでしたよね」とかですね。このように以前話した会話をしっかりと会話に織り交ぜるようにするんです。データベースが活きる瞬間ですね。
 このようにして常に顧客を大切にするということを考えて行動しています。

―実際にCSは向上していますか?

 私たちは飛び込み営業、テレアポなどは行いません。お客様の紹介のみで新規のお客様と取引をしていきます。もちろんそこでもコストダウンができないなら、その時点で無理に売ったりしません。このように紹介いただいている点では、信頼関係は築けていると思います。

 実際にあったことですけど、ある組合の社長達の集まりで、自社の取引先がコストダウンに成功したことをプレゼンしてくださいました。そのとき、一部の方は「そんなの胡散臭い。今までそのような電力コストカットの営業はあったけど失敗してきた。今回もどうせ嘘や」というようなことを言いました。
 しかし、プレゼンしてくださった企業以外にも、取引先の社長がいたのですが、その人たちが「インテックさんはそんなことはしない。自分達もコストダウンできている」と言い、我が社を守ってくださいました。我が社の社員が説得するならわかるんですけどね。(笑)
 これは、日頃からの関係あってこそだと思います。

IMG_9414

 株式会社インテックは「一生の顧客を作る」を理念に掲げている。ここまで理念を具体的に実践できている企業が存在するということに驚いた。
 例えば、データの重要性が叫ばれている現在より、10年以上も前からデータ蓄積をしっかりと行ってきていたことも顧客第一を意識しているからだろうと思う。
 このように素晴らしい企業である株式会社インテックの今後の進展、展望はどのようなものなのかを次に聞いてみた。

―今後の展望はどうお考えですか?

 現在は、電力コスト削減のための装置を設置するのに委託して行っています。これをすべて自社でできるようにしたいです。工事を内製化することにより、顧客にワンストップでサービスを提供することができるんです。つまり、今以上に信頼関係を構築することができるんです。

IMG_9415

―どのような人材が欲しいですか?

 とにかく素直で、負けず嫌いで、目標を持っている人ですね。このような特徴を兼ね備えている人は成長する傾向にありますから。一応我が社では目標を持つために、各支店で支店長が社員と面談を行います。そこで毎月の目標を立てて、日々の行動に落とし込んでいきます。
 例えば、結婚資金が必要となれば、月にどれぐらい稼ぐ必要があるのかを考えます。そして、そのために一日どれぐらい営業をかけるのかという日々の行動を決めます。
 このような面談により、社員の目標を決め、やる気を維持するように努めています。

―これから働く方に向けて一言お願いします。

 今まで新卒採用をせず、中途採用だけをしてきたので、新卒向けの言葉と言われると難しいですね。いつも、中途の方に言う言葉は「今まで味わったことのない経験ができる」「一生の仕事にできる」です。
 だから新卒でガツガツやったるぜという気持ちを持った勢いのある人は是非我が社の面接を受けに来てください。

IMG_9411

 株式会社インテックは冒頭でも述べたように、「従業員の幸福の追求と一生の顧客を作る」という経営理念に忠実に行動をしている。従業員に関しては、やる気を維持するために、目標設定を手助けする。

 また顧客に関しては、CS向上のための会議や、取引先との会話をデータベースにまとめておく等は良い例だ。ここまで経営理念を徹底して実施できる企業は世の中にそう多くないと思う。
 
 株式会社インテックには多くの企業や人のお手本として、顧客、従業員に誠実にいることを今後も貫き通して頂きたいと思った。