学生限定フリースペース「賢者屋」に冒険してみた

学生限定フリースペース「賢者屋」に冒険してみた


一重と言われると若干ムキになりがち、どうもしょーりさんです。だって奥二重なんだもん!(裏声)
奥二重しょーりさん
普段からライターとして記事を書いているので、カフェに行って気分転換をしたりしながらもPCと見つめ合うわけですが、「お金が勿体ない」「充電出来んの?」「あわよくばWifi欲しい」みたいに毎度毎度悩まされます。皆さんもやはりこの辺は気にしちゃいますよね。
ですが、朗報。
なんと最近になって「学生限定の無料で自由に使える場所」が開設されたらしいのです。
しかも梅田という好立地。

まさに人が溢れかえる都会の森に突如現れた休息を与えるオアシス。

なんと名を「賢者屋」と言うらしいです。

さぞ貫禄のある髭面の巨人が待ち受けているのでしょう。

早速ワタシも身体強化をして潜入することにしましょう。
厨二病になる

……
………
厨二病めざめーる
_人人人人人人人人人_
> 中二病メザメ~ル <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

厨二病めざめ~るを手にするしょりさん
…では、実食。
厨二病めざめ~るを食べるしょーりさん

……
………
…………
……………
_人人人人人人人_
>理解を超えた味<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

根拠のない自信、やれば出来る、自分は人とは違う、本気を出せば無敵………。
何だか我が身ににコスモ(宇宙)が創造されてきたようです。
鳥はいいな…。
自由に空を飛べてさ…。
ワタシモ、ソラヲ、トブ。

……
………
ブワサッ
覚醒するしょーりさん

いざ賢者屋へ

落ちてくるしょーりさん
落ちてきたしょーりさん
どうしたしょーり
_人人人人人人人人人_
>#どうしたしょーり<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

堅牢な守りを見せる城壁を発見しました。あれが賢者のいるらしい建物だそうです。
賢者屋の入っているビル
では、早速向かいま、、
行きてを阻む鋼鉄の魔物たち
おっと、どうやら鋼鉄の魔獣達が縦横無尽に行き来する無法地帯を通り抜けないと、中にいれて貰うこともままならないようです。
やはり一筋縄ではいかないようですね。
流石ですね。力がないものに休息はないと。
さっさと鋼鉄の化け物たちの動きを止めて前に進もうと思います。
厨二病全開のしょーりさん
ザ・ワールド
魔力により赤く変化する
まぁ時間を止めるなんて朝飯前ですよ。
奴らが再び動き出す前に急いで向かいましょう。
急ぐしょーりさん
急ぐしょーりさん2

城内に潜入

賢者屋標識
城内に潜入することに成功したようです。間違いなくここに賢者屋があるようですね。
…おや?
魔力で動く巨大な箱が用意されているとは。流石、賢者のいる空間。
逆にこれぐらいして貰わないと賢者かどうかさえ疑わしいですからね。
では、向かいましょう。
魔力で動く箱に乗り込むしょーりさん
いよいよ賢者のいる居場所に到着するようです。
Krating Daeng(赤牛)との異名を持つ秘薬を飲み、魔力を全回復させてから潜入しようと思います。
飲むしょーりさん
んー不味い!もう一杯!
いや、いらないです。
魔力がみなぎってきたので突撃します!
賢者屋看板

賢者屋に潜入

バンッ

……
………
賢者屋本棚

賢者特徴

ここは…?
なるほど。どうやら賢者は魔力を用いて空間魔法を使っているようです。
懐かしい小学校のような空間が流れています。
流石ですね。さて、賢者を見つけ出そうと思います。

「女神さんよ。ここの空間を作り出している賢者を探しているのだが。」

「??初めての方はまずご登録お願いします。」

賢者屋受付
なるほど、まずは登録が必要なようですね。闇の魔獣共は惨殺するワタシですが、女神さんには逆らえません。おとなしく説明を聞きます。
賢者屋登録
これで文句はないそうです。まるでギルドのようですね。
徹底した管理体制。流石、賢者だけあります。
少し散策してみましょう。
賢者屋はる君

賢者屋スクリーン

賢者を探す
「出てこい賢者よ!!」

……

………

「ここには賢者はいないですよ」

賢者の正体…

振り返るしょーりさん
「誰だ!」
出てきたのは賢者というより、妖精のような姿をした生き物。
賢者屋増村
「妖精さんよ、賢者はどこにいらっしゃるのだ。」

「あなたは何か勘違いをしている」

「なに!?」

「ここは賢者屋という名前ではあるが、魔法使いもいなければ君のような厨二病患者が集まる場でもない!」

「!?!?!?」
驚くしょーりさん
「ど、どういうことだ!」

「まぁ座れ」

「ここは一体なんなのだ」

「ここは賢者屋という、学生による学生のための無料フリースペースです。
阪急梅田駅から徒歩7分という好立地で、関東関西合わせて毎月5,000人の学生が訪れ、学生団体のミーティングをしたり、個人の作業をしてるんです!」
賢者屋を説明する増村2

「ってことはドラゴンも出てこないのか?」

「出ない」

「魔法の剣も」

「出ない」

「さらわれた姫も」

「出ない」

「フリーwifiは」

「ある」

「有料?」

「無料だ(学生は)」

「な、なんと」

「では何故こんなにも学生の為を思った空間が存在するんだ!」

「賢者屋は、頑張る学生が快適に過ごせるように考えつくされたスペースなんです!そんな学生を全力でサポートする為に充電やwi-fi、コピーも全て無料で、ホワイトボードやプロジェクターも貸し出していますし、飲食も自由にしています!」
賢者屋を紹介する増村

「どうやらワタシは勘違いしていたようだ」

苦悩するしょーりさん
「ファンタジーな空間、異世界の生き物と触れ合えると気合いを入れてきたが、実は学生を思う人々によって作り出される学生による学生の為のフリースペースだったなんて。」
「こんなにも素晴らしい空間があっていいのだろうか…」
「妖精さん…!」
賢者屋で慰める増村
「増村です!」
賢者屋で殴られるしょーりさん
「まぁいつでも来なよ賢者屋に、賢者屋は頑張る学生を応援してるし、みんなの悩み相談にも乗るからさ。誰でも受け入れるよ。」
賢者屋で立ち去る増村
「なるほどな、渇いていたのはワタシの心だったってのか…。」
仮面を外すしょーりさん
「また来よう…。」
「次は普通の格好で…。」
しょーりさんの仮面

賢者屋《大阪梅田》の概要
・座席数 100席
・営業時間
平日  15:00-22:00
土日祝 09:00-21:00
※学生が長期休暇中は毎日土日祝と同じ時間で営業しています。
・定休日
年中無休(正月もお盆も営業してます)
・アクセス
阪急梅田駅BIGMANから徒歩7分
http://matome.naver.jp/odai/2142145423861523801
・賢者屋梅田Facebook
https://www.facebook.com/kenjayaOSAKAUMEDA?fref=t
・賢者屋梅田Twitter
https://twitter.com/kenjaya_osaka